光脱毛と毛周期

Posted on 16.12.20 By

光脱毛を行うには、まず毛について知っておく必要があります。毛には性毛と無性毛とがあり、性毛は第二次性徴で生えてくる毛のことで、わき毛や胸毛などがそれに当たります。そして無性毛ですが、これは元々生えている毛のことで、髪の毛やまつ毛など子どもの頃から生えている毛のことです。性毛は太く、縮れていて、生える方向もバラバラなのが特徴で、毛周期が長く、脱毛の期間は長くなります。無性毛は逆に毛が細く、生える方向も同じで、毛周期は短めです。

さて、この毛周期というものですが、脱毛は実はこの毛周期に合わせて行うことで、効果が高まるのです。毛周期は成長期、退行期、休止期と3つの要素に分けられ、これが繰り返され、身体の毛は常に生まれ変わっているのです。

成長期は毛が生え、そして伸びている期間です。ただ、毛はある程度の長さになると成長が止まります。これは成長期が終わったことを意味します。成長期が終わると、今度は退行期へと移ります。毛の成長が止まり、休止期へと近づいていく過程です。休止期には毛根が活動を止め、やがて抜け落ちていくのです。つまり、今身体の表面にある毛は成長期、あるいは退行期の毛で、これを全て脱毛しても、まだ休止期の毛が残っているのです。光脱毛はこの毛周期に合わせて、何度か繰り返し行うことになります。

未分類